乾燥肌の化粧水選びのポイント

乾燥肌の人は保湿ケアを入念に行わなければなりません。
化粧水では優れた保湿効果を誇るコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどを使うことが有効です。

お風呂上がりの肌にこれらの成分が含まれている化粧水を手でつけ、蒸発を防ぐために乳液やクリームを上から塗ります。


化粧水はつけっ放しにするよりも、軽く手の平で押さえた方が浸透率が良くなりますのでおすすめです。


肌の奥深くまで浸透させることができれば、乾燥肌も次第に落ち着いていきます。


また、乾燥肌対策では洗顔もとても重要です。

化粧水の効果関連情報を紹介しています。

洗顔では皮脂や汚れをきちんと落とすという目的がありますが、実は皮脂を全て奪ってしまうとかえって肌トラブルが増えてしまいます。

エキサイトニュース情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

適度な皮脂は肌を守るためのバリア機能を果たしていますので、その分だけは残しておく必要があります。

ですから、洗顔では洗浄力の優しいタイプを選ぶことが大切です。

優しいタイプではスッキリしないという場合、毛穴に汚れが残っている可能性があります。その場合は、泡洗顔で毛穴を綺麗にすれば乾燥は改善されます。


毛穴がクリーンになれば、化粧水もよくしみ込むようになりますので、お手入れの効果が出やすい状態を作ることができます。

いくら優れた成分を持つ化粧水をつかっていても肌に馴染まなければ意味がありませんので、浸透率を高めるための洗顔での前準備がとても重要です。


毎日丁寧にお手入れを行っていけば、保水力が向上して潤いもよみがえります。