乾燥肌を改善する化粧水ケア

毎日しっかり洗顔、スキンケアを行っているのに肌が乾燥してしまい肌コンディションが悪くなるなどトラブルに悩まれている女性は少なくありません。


これは普段のスキンケアで潤い成分がきちんと肌の角質層まで浸透していないことで、肌表面しか潤っていないインナードライ肌の状態になってしまっている可能性があります。

美白化粧水の知識が一目瞭然です。

これは一見潤っているようで肌内部が乾燥してしまい、肌のカサつきやゴワつきなど様々な乾燥肌のトラブルにつながってしまうので、乾燥肌を改善してコンディションを整える方法として、普段使用している化粧水を利用したコットンパックを利用することをおすすめします。

NAVERまとめ情報が手に入ります。

コットンパックとはフェイシャルパックと同じように顔全体に化粧水を浸したコットンを貼り付けて、約10〜15分おいておくスキンケア方法です。

普段使用している化粧水とコットンだけで行えるので乾燥肌を少しでも改善したいという時に役立ちます。



お手入れ方法はとても簡単で、コットン2〜3枚に化粧水がひたひたになるまでしっかり染み込ませたら、コットンを数枚に裂いて、顔全体が隠れる程度に貼り付けて時間を置きます。
長時間使用していると、せっかく保湿された肌の水分が蒸発してしまいかえって肌が乾燥してしまうので、10〜15分使用したら手で肌を整え、乳液、保湿クリームを順番に使用して潤いの蓋をして完成です。

コストパフォーマンスが高く、フェイシャルマスクが自宅に無いときでも気軽に行えるのでおすすめのお手入れ方法です。